草取り隊報告





7月10日11日
福島県喜多方の岩下さんの田んぼの草取りに行ってきました。

岩下さんの田んぼは山に囲まれた水田地帯の中にあります。
岩下さんは薬は使わないので、除草は手で行います。
まわりの農家は、除草は薬で行うので、広い水田の風景の中にいるお百姓は、岩下さんただひとり。
私達がお手伝いした約一日分の70倍をお一人で作業されています。

なにが自然で、なにが不自然なのか。

岩手合宿に引き続き、今回の一泊二日でも考えさせられました。

薬をまいている農家から見たら、岩下さんは変わり者。
けれど、食べるものに毒を撒く方がおかしなことだと、以前話して下さった岩下さん。

なにが当たり前で、なにが当たり前じゃないのか。

日本の農薬(農毒薬)使用量は、1ha当たりアメリカの約6倍、ヨ―ロッパの約7倍。稲作においては、世界の55%の農薬使用金額を使っている現実を、私達はどう受け止めるのでしょうか。

帰りのバスから見えた、いかにも自然に見える田園風景…。
その中、忽然と現われた山の中のそぐわないコンクリートの建物…
私には、どちらも不自然な景色に映ってくるのでした。

同時に、「農業」の現在と未来に、とても辛い厳しさを感じた今回でもありました。
これは、私達一人ひとりの「生きる」とは?にも通じる大切な根っことも共通する課題だと思います。
(後日また書きたいと思います。)


今回感動したこと!

SLの走りだす姿を間近で見ることが出来ました!(初めて!)
ピョ―!!っと汽笛を鳴らし、シュッ! シュッ! と白い蒸気をはきだしながら確実に進んで行く様は、精一杯生きている力強さを感じ、大感動!
泣きました~(笑)

写真 上から
●岩下さんの田んぼ
●ほのちん、ピョントス(かえる)大量ゲット
●岩下家の番犬クロ
●岩下清さん
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

東村山市のそら屋です

こんにちは。覚えていらっしゃるでしょうか?2年前当店開店当初にご来店頂き茨城県の大谷君を紹介してもらったそら屋です。おかげさまで大谷君はそら屋にとって欠かせない生産者となり、彼の畑はボクのお気に入りの場所となっています。そちらにもお邪魔できたらいいなぁと思いつつ、なかなか実現できないまま今日に至っております。いつになるのか判りませんが、当店が落ち着き、まほろばさんにお邪魔できる日が来る事を思いつつ。ごきげんよう。

当たり前に

自然のなかで自然に当たり前に生きようと決めて、三年目。

少しずつ手ごたえが感じられてきた! たのしい(笑)

からだも喜んでるな!って感じ(笑)

本当に必要なものは?
自分には、本物を求める姿勢かな。
プロフィール

自然農場まほろば

Author:自然農場まほろば
何かありましたらこちらへお気軽にご連絡下さい。
Tel 03-3768-5275
E-Mail shizennoujou@ab.auone-net.jp
(@を全角にしていますのでお手数ですが半角にしてお送り下さい。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター